浦幌町「黄金の滝」

画像
浦幌町の黄金の滝は、十勝太から厚内にかけての、太平洋を一面に見渡せる海岸線にあります。浦幌町吉野から厚内に行く海の沿線を走り、浦幌「ロラン局」を過ぎた辺りにあります。この滝は、上からしか見られませんが、滝と太平洋と水平線が一度に見られます。なぜ黄金なのか、わかりませんが、「朝日を受けて」、その姿を受けて黄金に輝かせるということです。しかし、朝と海からということでは一般の人は見れませんね。上から見て想像するしかありません。子供やご年輩の方は、足場が悪いので「注意」です。下から、見たいですね。今は、水量が少なくて迫力がありませんが、多いときだと、立派な滝が現れると思いますよ。まあ、その辺りの「太平洋」が偉大なことがわかります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

よたよたおばさん
2005年10月22日 13:51
滝っていいですよね。『黄金の滝』も下から見れたらいいですのにね。子供の頃から滝を見てみたいと思っていました。こちらに来てからすぐ近くにたくさんの滝を見ながら山頂へ行ける所がありまして小さい・大きい・幅がある・落差の違いなどどれも味があり、その前に立ったときの清涼感、水音に引かれその後滝めぐりをしました。
よたよたになる前のお話ですが、赤芽48滝など忘れられない思い出です。
よたよたおばさん
2005年10月22日 13:54
訂正・・・・赤芽ではなく赤目です。
Mr.Gon
2005年10月22日 17:00
ありがとうございます。この辺りにはあまり滝はありませんが、有名なところでは「知床のオシンコシンの滝」でしょう。赤目48滝とはどんな滝でしょうね。
よたよたおばさん
2005年10月23日 07:48
知床のオシンコシンはテレビで見ました。とてもきれいな滝ですね。やはり冬になると凍ってしまうのでしょうか?
赤目は三重県と奈良県の境にあり、山裾にはサンショウウオが生息していて、山を登っていくと左右上下に滝があり、山頂まで続きます。その滝が48あるのでしょうね。行った時の楓がとてもきれいで木漏れ日を浴びながらそれぞれ名前がある滝を『なるほど・なるほど』と思いながら・・・・紅葉の季節は特にきれいだそうです。
Mr.Gon
2005年10月23日 09:01
赤目48滝、ぜひ見たいですね。

この記事へのトラックバック