ラムサール条約登録、「阿寒湖」!!!

画像
平成17年11月8日から15日にかけて、アフリカ中部のウガンダで「ラムサール条約」第9回締約国会議が開催されました。日本国内20ケ所のうち釧路地方で「阿寒湖」が登録されました。今年は「知床」が世界自然遺産に指定され、またまた、自然保護の立場から「道東地方」の自然が指定されました。「釧路湿原・霧多布湿原・厚岸湖・別寒辺牛湿原それと今回、阿寒湖・根室の春国岱・野付半島」などです。道東地方は自然の宝庫,大切に守っていきたいですね。
(写真は春国岱)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月08日 19:54
「ラムサール条約」とは
正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」通称名のラムサールは、会議の開かれたイランの町名に由来します。この条約の締結国は147ケ国で、日本は昭和55年に加盟しました。

この記事へのトラックバック

  • 2005.6.17  その名の通り、霧多布!

    Excerpt: 子野日公園と思われる駐車場で朝食を摂りながら、 ガソリンスタンドが開くのを待つ。 それにしても、無駄な時間を過ごしてしまったもんだ。 昨日のうちにガソリンいれときゃよかった というか、.. Weblog: 17日間で北海道一周! 女の一人旅 ~グリーンツーリズム編~ racked: 2006-01-19 19:26